DMリストなら効率化を図れる|売り上げが右肩上がり

きちんとまとめておこう

管理に気をつける

印刷機

インターネットを使わない宣伝方法というと、DM発送が挙げられます。機械を使って封入作業をすることもあれば、人の手を使って一通ずつ封入作業をすることもあるので大変です。そこで、多くの企業は代行業者に作業をお願いすることになります。その際、通常、DMリストを提供するはずです。代行業務は封入作業だけではなく、宛名書きから投函作業までも入っていることがあるからです。発送したい顧客リストを提供しないことには、代行してもらえません。そのため、代行してもらうのなら、DMリストをしっかり作っておきましょう。もちろん、見やすく分かりやすく作っておくことが大切です。郵送になるので、顧客名と郵便番号、住所さえあれば問題ありません。もしくは宅配便を利用するのなら、顧客の電話番号も必要になります。それから、DMリストは控えも取っておきましょう。そうしないと、誰に何を送ったのか分からなくなってしまいます。つまり、DMリストは代行業者と共有する形になるわけです。もちろん、顧客情報が漏洩しないように、管理には十分に気をつける必要があります。プリントアウトしたものを提供することもありますが、コピーを取ることはもちろん、発送後は廃棄してもらうなどの配慮をしてもらいましょう。また、最近はデータでのやりとりが多くなっています。メール添付なら顧客のDMリストを簡単にやりとりができて、廃棄もしやすいので便利です。そして、お互いに信頼関係を築くことも大切です。

送付先を業者から入手する

ポスティング

企業が新しい顧客を見つけるには、宣伝や売り込みが必要です。直接相手先を見つけて売り込みに行くのも有効ですが、リストにある企業を一社ずつ訪問しているのでは時間がいくらあっても足りません。それよりもダイレクトメールを数多く送付して、自社商品に関心を持ってくれそうな企業を見つけるほうが得策です。その際に便利なのが、DMリストを提供してくれるサービスです。DMリストとはダイレクトメールを送付するための相手先のリストのことで、それを提供してもらうことで相手先を探す手間を省くというものです。業者が独自に調査して相手先をリストアップしているため、こちらの希望に合ったリストを提供してもらえば反応を得られる確率も高くなります。実際にDMリストのサービスを利用した方によると、やはりダイレクトメールの送付先を多く手に入れられる点が便利と感じるようです。自社でピックアップするとなるとかなりの時間がかかってしまいますが、リストとして提供してもらえば後は送付するだけでいいので業務のスピードアップにもつながります。現在活動している企業のリストを得られる点も、高い評価につながっているようです。電話帳やホームページなどに連絡先が記してあっても、実際にその企業が活動しているのかはわかりません。そんな企業にダイレクトメールを送付しても、読んでもらえないため費用の無駄遣いになります。DMリストでは実際に活動している企業のみピックアップされているので、相手にしっかり届くのはもちろん、読んでもらえたかどうかも確認できます。

リストの作成

レディ

企業が行う宣伝方法は様々なものがありますが、ぱっと思いつきやすいのがチラシの広告だったりテレビやインターネットの広告だったりします。しかしこれらはあくまで外部での宣伝方法であり、企業が受け持っている顧客には別の手段をとる必要があります。そんな顧客に対して直接自社の資料やカタログなどを送り届ける宣伝方法をダイレクトメール、通称DMと呼びます。このDMは相手に直接メッセージを伝えることができるので電子メールでのやりとりと違いよりこちらの意図がしらせやすくなります。またこのDMは顧客の種類によっても使いわけることができるので、それぞれのお得意様や新規客、見込み客と必要に応じて対応を変えられます。しかしこのDMもやみくもに送ればいいわけではありません。できるだけターゲットを明確にしDMを成功させるには、DMリストを作っておくと便利です。DMリストとはDMを行う相手の情報をリスト化したもので、これを準備、入手する事でDMを素早く行うことができます。このDMリストの入手方法はいくつかあり、手っ取り早い方法としてはリスト業者の利用をおすすめします。新規客へのアプローチがしたい場合はこのリスト専門業者を利用する事で比較的簡単にDMリストを手に入れることができます。他にも資料請求をした客をリストアップしたり自社が行ったイベントに参加してくれた客を情報化しておくなどのリスト作成の方法もあります。このリストを使いDMを上手く成功させましょう。

リピーター作りに効果あり

カラーチャート

ダイレクトメールはリピーター作りに効果的な広告です。通販業界と相性がよいですが、実店舗でのセールスにもつなげられます。顧客のリストを作るのが第一の手順で、顧客の条件ごとにプライズを変更するのもポイントです。

もっと読む

DMを業者に送ってもらう

はがき

ダイレクトメールは、現在社会においても、有効な自社宣伝ツールであり、様々な業種で利用されているのです。ホームページを見ると、ダイレクトメールの発送業者が、その申し込みから発送・入金までの流れを説明していますので、理解しやすいはずです。

もっと読む

宣伝をするなら

宣伝

インターネットを使わずに宣伝したいなら、専門の会社にDMリストを作ってもらうと良いでしょう。リストの作成だけではなく宛名を印刷したりDMのデザインを考えてくれる会社もあるので、自分が希望するサービスを提供しているか確認してから利用してください。

もっと読む