DMリストなら効率化を図れる|売り上げが右肩上がり

リピーター作りに効果あり

活用するときのコツ

カラーチャート

ダイレクトメールとは、顧客のもとに直接届けるタイプの広告です。郵送によるものと、ネットを通じたものがあります。ダイレクトメールは、顧客に直接届くことから、顧客ごとに個別の広告を行うことができます。そのため、高い広告効果を得ることができます。ダイレクトメールを送るにはメールアドレスや住所など、個人情報が必要なことから、一回以上購入した顧客に対して行われるのが基本です。一度きりのお客様をリピーターにするためや、複数回購入しているリピーターのお客様に対して割引や特典といったプライズをもうけてファンになってもらうことを目的としています。購入者の情報を的確に活用することで、効果的なリピーター作りが可能になります。ダイレクトメールは、通販業界との相性がよいです。また、展示会や即売会を行う業種とも相性がよく、効果的なセールスにつなげることができます。実店舗でも、セールのときやダイレクトメールを持参した人のみに与えられるサービスなどを付加することで来場率を高くし、購入率を高くすることができます。ダイレクトメールを送るには、顧客のリストが必要になります。基本は購入した人ですが、メールを利用したものだと、似たような商品を買った人のデータを購入して送ることもあります。顧客のリストを条件で区別し、条件ごとのプライズを定めます。一度きりのお客様には割引を、すでにリピーターのお客様には誕生日特典や紹介割引などを、というように適切なものを選ぶことでより高い効果を得ることができます。

代行業者もある

印刷

直接、消費者に商品情報などを提供するにはダイレクトメールがお勧めです。顧客の住所が分かっていれば送ることができますし、ポストに投函されるため、必ず開封されると期待できます。最近はインターネットで情報を提供し、商品の宣伝をすることも増えてきていますが、必ずしもそれを顧客が見るとは限りません。インターネットを頻繁に利用していなければ、そもそも見るはずがないからです。その点、ダイレクトメールなら顧客に届けられるため、とりあえず、情報を確認してもらえます。中を見てすぐに捨てられてしまうこともありますが、顧客の手に届くという点が何よりも大切です。頭の片隅にでも商品情報などが残れば、それだけでもダイレクトメールを送った価値があります。ダイレクトメールは大量に発送することが多いため、企業では手間がかかりますが、代行業者に業務委託をすれば手間が省けます。顧客名簿を手渡すことを考えると、信頼できる業者を探さなくてはなりませんので、業者のこれまでの実績や評判などを参考にして選びましょう。代行業者は封入作業をはじめ、宛名書きや発送業務まで一通り行ってくれます。定期的にダイレクトメールを送るのなら、業務提携してしまった方がいいかもしれません。もちろん、委託するには費用がかかりますので、安く請け負ってくれるところを探しましょう。機械を使って封入作業をする業者もあり、量が多くても費用はあまり変わらないことがあります。

リピーターを増やす

宣伝

業績を上げるために必要不可欠なのが営業です。一言で営業といってもいろいろな方法がありますが、よく使われる手法として挙がるのがダイレクトメールです。ダイレクトメールとは企業が顧客や見込み客に自社の資料やカタログを送る手法のことで、大きなくくりではダイレクトマーケティングの一種に分類されます。このダイレクトメールにより顧客へ直接メッセージを送ることができるので、より企業を認知してもらうことが可能になります。また、ダイレクトメールは主にリピーターの数を増やすことを得意としており、一度企業の商品を購入した人やその商品を複数回利用した人などを対象にしやすい宣伝手法でもあります。電子メールなどのやりとりに比べ、多くの情報を顧客に伝えられることも大きなメリットです。主にカタログや小冊子などを資料として送ることができるので、新商品の案内などにも役立ちます。企業側の工夫次第で顧客の反応率をあげることもできるので、どういったデザインにするか、どういったクーポンなどを用意するかなどといった戦略も大切です。ダイレクトメールの使い方として、顧客ごとにダイレクトメールの種類を変えるといった方法もよく使われています。企業にとっての重要な顧客、新規客、リピーターになる可能性が高い顧客、休眠している顧客などそれぞれの顧客に対して対応を変えることがよい結果を生むことになります。ダイレクトメールの選び方がわからない場合は、印刷会社に相談してみるとよいでしょう。コストに見合った提案をしてくれるはずです。

リピーター作りに効果あり

カラーチャート

ダイレクトメールはリピーター作りに効果的な広告です。通販業界と相性がよいですが、実店舗でのセールスにもつなげられます。顧客のリストを作るのが第一の手順で、顧客の条件ごとにプライズを変更するのもポイントです。

もっと読む

DMを業者に送ってもらう

はがき

ダイレクトメールは、現在社会においても、有効な自社宣伝ツールであり、様々な業種で利用されているのです。ホームページを見ると、ダイレクトメールの発送業者が、その申し込みから発送・入金までの流れを説明していますので、理解しやすいはずです。

もっと読む

宣伝をするなら

宣伝

インターネットを使わずに宣伝したいなら、専門の会社にDMリストを作ってもらうと良いでしょう。リストの作成だけではなく宛名を印刷したりDMのデザインを考えてくれる会社もあるので、自分が希望するサービスを提供しているか確認してから利用してください。

もっと読む